ホーム > 塾と家庭教師の違い

塾のほうが高い?家庭教師の方が安い?塾、家庭教師にかかる料金の目安・違いがわかります。

家庭教師と塾の違い

お子さんが通っている塾の特徴を知る

お子さんにどんな勉強方法が合っているのか?
それを見つけるための最初の一歩はまず現状ある塾の形式や特徴をきちんと知ることです。

塾に通っているけど、成績が伸びていないのであれば、なぜ伸びていないのか?

こういった悩みは現在指導を受けている塾がどんな塾なのかを知ることができれば
その原因を見つけるキッカケになります。

ここでは進学塾、個別指導塾と家庭教師の違いを指導方針や特徴、料金面からその違いを比較しているので、
お子さんに合った勉強方法選びにご活用下さい。

進学塾と家庭教師はココが違う!

進学塾の特徴

進学塾の特徴

進学塾の特徴は塾専用のテキストがあり、
その問題を塾で解いたり宿題としてやってきて先生が授業形式で説明していきます。
塾の授業が学校の内容よりも先に進んだり教科書よりも難しい教材を使って指導していくのが特徴です。

だから、先に進むことで学校の授業が復習になります。
また、様々な問題のパターンをたくさんこなせるので問題のパターンも学ぶことができます。

こんなお子さんは進学塾で伸びる!

  • 塾のテキストを先に予習としてしっかり解いてから、塾の授業をしっかり受けている。
  • 授業が終われば塾の先生にわからないところを質問できる。
  • 宿題を解いていてわからない所があれば先生に質問できる。

進学塾で伸びない子はコレが原因かも・・・

  • 生徒全員に合わせた授業だから授業を聞いて理解するかどうかはその子次第になってしまう。
  • 宿題も全員統一で出されるので生徒に合った宿題が出ていない。
  • わからない子のレベルに合わせることができないので、一度わからなくなると、その子にとって全く無意味な授業になってしまう。

進学塾と家庭教師の料金の違いはこちら

進学塾よりも家庭教師。家庭教師ならデスクスタイル!

家庭教師ならば完全1対1の個別指導を活かして、
生徒がつまづいている所を要点をおさえてわかりやすく教えながら理解させることができます。

自分から質問することが苦手な子でも全て横で見てあげることができるので、
生徒がどこにつまづいていて、どこからやり直せばいいのかを教えることが出来ます。

さらに、デスクスタイルでは、勉強の分からないところを教えるだけでなく勉強のやり方から教えているので、
先生がいない時でも自ら勉強する環境を作ることができます。

進学塾よりも家庭教師!

個別指導塾と家庭教師はココが違う!

個別指導塾(1対2~)の特徴

個別指導塾(1対2~)の特徴

塾の教室が仕切りで区切ってあり、塾が与えたプリントやテキストを解いて、わからない所を先生に質問する形式です。

先生に教えてもらえる時は1対1の個別指導ですが、
実際は先生1人に対して生徒が2~3人くらいというのが一番多いようです。

テキストに関しては学校の教科書に合わせている物からレベルの高いものまで色んなものがあります。
これは個別指導塾がどの様な生徒を対象にしているかで変わってくるのが個別指導塾の特徴です。

こんなお子さんは個別指導塾で伸びる!

  • 塾のテキストをしっかり予習して自分がどこがわかっていないかをしっかり調べて質問することができる。
  • 学校の授業の予習復習もしてわからない所があれば質問をしている。
  • 授業中にわからない所があればその場でしっかり質問できる。
  • 塾から帰った後にその日の復習をしっかりしている。

個別指導塾で伸びない子はコレが原因かも・・・

  • 1対2以上の指導になると、結局1人に対する時間が少なくなる。(例90分授業の3対1の場合:1人20分程度)
  • ペアの子が同じ学年とは限らないので、指導の中で不都合な点が出てくる(例:中学3年生と小学5年生のペア)
  • 自分でどこがわかっていないかがわからないので、わからない問題を質問するだけで終わっている。
  • 自分から質問出来ない子は問題を解き続けるか、講師が気付くまでずっと待っている状態になっている。

個別指導塾(1対2~)と家庭教師の料金の違いはこちら

個別指導塾よりも家庭教師。家庭教師ならデスクスタイル!

家庭教師ならば完全1対1の個別指導を活かして、
同じ90分の授業時間でも1人生徒にすべての時間を使って指導してあげることができます。

さらに、生徒がどこがわかっていないのか細かい部分を確認していくことができます。
デスクスタイルの指導は1対1で行っていくので、生徒が問題を解いている時に常に横で確認することができます。
そうすることで生徒のつまづきやすいところを発見してミスを減らしていくことが出来ます。

個別指導塾(1対2~)よりも家庭教師!

完全1対1の個別指導塾と家庭教師はココが違う!

完全1対1の個別指導塾の特徴

完全1対1の個別指導塾の特徴

完全1対1の為、生徒のレベルやペースに合わせて教えてもらう事ができますし、
わからない所があれば必要な時に基礎に戻って教えてもらう事ができます。

ただし、難点は金額的に1教科あたり10000~14000円位と進学塾や個別指導塾(1対2~)に比べて高いということです。

1対2~の個別塾より、教えてもらえる時間も長く、質問もしやすい環境なので、料金面を考えなければ同じ個別塾にいく場合はこちらはオススメです。

こんなお子さんは完全1対1の個別指導塾で伸びる!

  • 自分がどこがわかっていないのかが理解できている。
  • 塾のテキストをあらかじめ解いて予習ができている。
  • 勉強のやり方をつかんで、家庭学習の習慣がある程度身についている。

完全1対1の個別指導塾で伸びない子はコレが原因かも・・・

  • 問題を解いていかずに塾に行った場合、質問する時間よりも問題といている時間の方が長くなっている。

完全1対1と家庭教師の料金の違いはこちら

完全1対1の個別指導塾よりも家庭教師。家庭教師ならデスクスタイル!

完全1対1の個別指導塾の特徴

1対1の個別指導塾と家庭教師の違いは勉強する場所が外か家かの違いだと思います。
もし、塾に通うことで体力的な負担、時間的な負担がある場合は家で指導を受ける方がとても効率的です。

また、家庭学習をやらずに塾に行っている場合、
自主学習に1教科10,000~14,000円も払うのは割りにあっていないのでは?
と考えた方がいいかもしれません。

逆に家庭学習をやってわからない所をあらかじめ用意していった場合
1対1の個別塾はお子さんにとって最高の勉強環境になると思います。

あとは塾の講師としてではなく、先生であると同時にお子さんに合った
お兄さん、お姉さん感覚で接することができるので、色々な相談にも乗りやすい環境で指導する事ができます。

完全1対1の個別指導塾よりも家庭教師!

個人塾と家庭教師はココが違う!

個人塾の特徴

個人塾の特徴

個人塾の中には進学塾のような授業形式をとっている塾もあれば、
その塾のテキストや学校の宿題を持ってこさせて、そこで問題を解かせて、わからない所を聞きにこさせて教える形式もあります。

学校の授業と比べてレベルも大きくは変わらず、
塾の授業スピードも学校医の授業よりも少しだけ早いか遅いか位のペースで、
学校にある程度あわせて進めている所が多いです。

先生1人に対して5人~15人位の生徒を見ることが一般的で比較的料金も安く
、回数も多く行けるのが特徴です。

こんなお子さんは個人塾で伸びる!

  • 学校の授業、塾の授業に対して家で予習・復習が出来ている。
  • 自分がわからない所があれば授業中や授業が終わった後にしっかり質問できる。
  • 家で宿題や自主学習をしっかりして、どこがわかっていないかをきちんと理解できている。

個人塾で伸びない子はコレが原因かも・・・

  • 1人の生徒に対して講師が少ないので、質問できない子はわからない問題はそのままになっている。
  • 宿題をしていない生徒は塾に来てから授業中に解いている子が多い。
  • 細かい勉強のやり方を教えてくれないので、勉強のやり方がわからない生徒は普段から勉強できない。

個人塾と家庭教師の料金の違いはこちら

個人塾よりも家庭教師。家庭教師ならデスクスタイル!

個人塾よりもデスクスタイル!

家庭教師であれば個人塾と違って家の中で勉強するので、
塾に通うことで体力的な負担、時間的な負担がなくなり、
お子さんにとって勉強しやすい環境を作ることができます。

また、1対1の指導なので、同じ指導時間でも生徒1人に対して
すべての時間を使うことができるので、わからない問題を教えてあげるだけでなく、
質問をしやすい環境を作りながら効率よく指導することができます。

さらに、デスクスタイルでは先生がいない時の勉強のやり方から教えています。
予習・復習のやり方、暗記の仕方、テスト勉強の仕方も教えるので、
生徒がその時に一番必要な勉強を教えていくことが出来ます。

塾と家庭教師の料金の違い

塾と家庭教師を選ぶ時にやっぱり気になる料金、金額面をわかりやすくご説明します。実際にかかる料金の違いをきちんと比較して、今後の塾、家庭教師選びの参考にしてください。

塾と家庭教師の料金の違いの詳しい内容はこちら

よくある質問

デスクスタイルに関するよくある質問をご紹介。指導方法や指導料金、長野県の家庭教師の派遣エリアなど、ご家庭が聞きたい質問にしっかりお答え致します。

よくある質問の違いの詳しい内容はこちら
電話でのお問い合わせは 0120-982-947 (13時~22時)
無料体験のお申し込みはこちら 一番人気の資料請求はこちら

▲ トップへ戻る